ギターの弾き方上達のコツ

フォークギターをやりたい初心者のためのギターの弾き方やコードなどのやり方の基礎的講座

Sepia crue セピアクルー 音質

これはSepia crue(セピアクルー)というブランドのアコーステック
ギターです。

2012071709120000.jpg

値段は楽器店によって多少違いはありますが、大体1万円ぐらいです。
もちろん新品での値段です。セピアクルーは超安いです。

セピアクルーというブランドは日本の商社が中国で作らせている
ギターのようです。

2012071709110000.jpg

では、このセピアクルーのアコーステックギターの品質や音質は
一体どうなのか?とても気になりませんか?

まず、ギターの作りですが、1万円と言う超安価な割にはシッカリと
した作りだと思います。悪までも個人的な意見ですが・・・

2012071709090000.jpg

音質はギターの個体差による当たり外れもあるのかも知れませんが、
今僕の手にしているこのセピアクルーのギターは悪くはありません。

ネックの反りも今のところありません。十分に普通に使えるレベルの
物だと思います。

セピアクルーのアコーステックギター入門用には良いんじゃないかなぁ?

特にギターを始めてみたいけどもしかしたら途中で挫折してしまうかも
しれないと思われる方には良いかも知れません。

たとえ挫折してもこの値段なら諦めもつきますからね。

購入を考えているが音質など気になるなら楽器店で試奏させて
もらえばいいと思います。もちろんその際には分かる人または
分かる人と同伴でないといけませんけど・・・

ARIAアリア サイレントギターを使用した感想

ARIAアリア サイレントギターを買いました。購入した品番は

ARIAシンソニードSinsonido AS-101S SCK(シースルーブラック)
アコースティックタイプのスチール弦仕様です。

2012071303000000.jpg

サイレントギターと言うのは名の通り音が静かで、演奏音は
ヘッドホンで聴くギターです。

なのでアパートなどに住んでいて騒音が気になる方にはピッタリ
のギターです。

まっ、僕の場合は一軒家なのであまり近所の騒音は深刻な問題
ではないのですが、購入したのはたまに夜中にふとギターを弾きたく
なることがあるので、またサイレントギター自体に興味があった
ので買ってみました。

ARIAアリア サイレントギターを使用した感想ですが、これは
良いですね。

弾かれた弦の音はエレキギターをアンプに繋げていない程度の
音はするけど、騒音と言うレベルではないのでこれなら僕の
家では夜中でも演奏が出来るので、現在大いに活躍しています。

演奏の音はこの付属のヘッドホンで聞きます。

2012071303020000.jpg

また、ARIAアリア サイレントギターはヘッドが無いため非常に
コンパクトです。

2012071303010000.jpg

ペグは胴体の方に付けるといった画期的なアイデアがこのスタイル
を可能にしています。なので持ち運びも便利です。

2012071303010001.jpg

さらにこのように簡単に分解することが出来て付属の専用ソフト
ケースに入れればとてもコンパクトになり旅行にも持って行く
ことができます。

2012071302560000.jpg

これは色々な場面で活躍できそうです。

ちなみにこれはAS-101Sスチール弦仕様です。品番がAS-101Cになると
(番号の跡のSとCの違い)ナイロン弦のクラシックギタータイプ
になります。

アコースティックのスチール弦にするかクラシックにするのか、
このあたりはお好みでしょう。

今回はARIAアリアのサイレントギターを購入して使用した感想でした。

Morris モーリスW-60 ハカランダの音色

このMorris モーリスW-60はハカランダの音色が美しいため僕の
ギターコレクションの中でも最もお気に入りの一本です。

2012062308570000.jpg

2012062308580000.jpg

Morris モーリスW-60は1970年後半から80年のモデルで
いわゆるヴィンテージギターです。

2012062308590000.jpg

このギターは現在ではワシントン条約により入手が困難、または
とても高額なハカランダというブラジル産の高級な木材が合板では
ありますがサイドとバックに惜しげもなく使用されています。

このギターが生産販売されていた当時はまだ輸出規制が無かった
ために高級素材のハカランダが使用できたようです。

もしも現在このハカランダ素材でギターを作ったらならもの凄く
高価になるそうです。

ハカランダによるものか?弾いた時の音色が「シャリーン、シャリーン」
といういわゆる鈴なりのような響きがとても気に入っています。

ちなみに当時のMorris モーリスWシリーズにはW20、W30という
具合に品番がありこの数字は値段を表しています。

なのでW-60というのは当時の販売価格で6万円です。

なので結構なハイグレードなギターです

仕様はトップはスプルース単板、サイドはハカランダ合板、
バックはハカランダ合板&チェスナット単板の3ピース、
ネックはマホガニーです。

ハカランダと一言でいってもその木目は個体差があってさまざまです。

このギターの木目はとても綺麗なので、お気に入りの理由の
一つでもあります。

2012062309010000.jpg

どうですか?いい感じでしょう。

Morris モーリス M-32II NATの音色

随分と久しぶりにですが新品のギターを買ってしまいました。

今回購入したギターはMorris モーリス M-32II NATです。

2012061509310000.jpg

このモーリス M-32II種類はNATとタバコサンバーストがある
のですがNATの方を買いました。やっぱり新品というのは良いなぁ・・・W

2012061509310001.jpg

Morris モーリス M-32IIの仕様はトップはスプルース単板
サイドとバック、指板はローズウッドネックはマホガニー
となっています。

このギターよーなります。激鳴りです。音色が良いです。

お気に入りの一本です。なので最近はこればっかり使っています。

ちなみに生産国は中国なんですね。

2012061509320000.jpg

最近は多いですね。中国製とか韓国製というのが・・・

Fender フェンダーギターDG−11アコギ

このギターはFender(フェンダー)のDG−11というモデルの
アコースティックギターです。

2012060508440000.jpg

2012060316200000.jpg

たぶんあまりお目にかかったことがないかと思います。
それもそのはず、このDG−11はUSA向け仕様だからです。

なのでこのギターは日本ではなくアメリカの楽器屋さんで
購入しました。

ちなみに生産国は韓国です。

Morris モーリス MD−528 縦ロゴ

某ネットオークションでMorris(モーリス)MD−528を
買いました。このギター以外に安く落札することが出来ました。

ロゴは縦ロゴです。

2012042616210001.jpg

このモーリスMD-528は90年代の物でMDシリーズというのは
Wシリーズの後続モデルのようです。

当時の販売されていた価格は不明です。たぶん3万円ぐらいでしょうか?

生産国はラベルに「MADE IN KOREA」と表示されていて国内ではなく
韓国で生産されているようです。

MD−528の仕様はトレッドノート、トップはスプルース合板、
バックとサイドはマホガニーネックはローズ、ナトードット、
指板はローズとなっています。

2012042616260000.jpg

気まぐれで購入したのですが以外にも僕のギターコレクションの
中でもお気に入りの一本になってしまいました。

その理由は作りが良いのか?乾いているからか?このクラスに
してはとっても良い音がするからです。

いわゆる激なりのするギターです。ホント気持ちがいいぐらい良く
なります。

少々ギター自体の重みを感じますが、ジャガ、ジャガと弾ける音の
ボリュームと音色はお気に入りです。

モーリス W-50

今回は僕のギターコレクションの一つモーリス W-50をご紹介しましょう。

2012030918220000.jpg

このギターは「モーリス持てばスーパースターも夢じゃない!」の
キャッチコピーでモーリスの人気が出た頃の1970年後半のギターです。

今から30年も前のいわゆるビンテージ物です。

当時のWシリーズには20、30、35などと品番がありギターの
値段を表しています。

なのでこのモーリス W-50は当時5万円のギターとなります。

2012030918230000.jpg

モーリス W−50はハイグレードモデルとなりマーチンのD−45を
モデルに作られたそうです。

今ではマーチンなどの高級なギターにしか使用されていない高価な
ハカランダという木材がバックやサイドに使われているのも特徴です。

ハカランダは乾燥すると変形しにくい木だそうです。なのでギター
には適した材質です。

2012030918240000.jpg

トップはスプルース単板で当時3万円のW−30も持っていますが、
やはり音が違いますね。もの凄く澄んだクリアな音がします。

ちなみにこちらはW−30です。

2012022610060000.jpg

30年以上のギターですが、モーリスサウンドは現在でも健在です。

MORRISモーリスW−30とは?

MORRISモーリスW−30とは?1970年代後半で
「モーリス持てばスーパースターも夢ではない!」のキャッチコピー
でモーリスギターが人気だった頃のギターです。

2012022610060000.jpg

なのでもう30年以上が経過しているビンテージものです。

この頃はモーリスW−20とか今回のW−30とかW−50とか
の品番がありますが、この数字は値段を表しているようです。

2012022610080000.jpg

つまりW−30なら当時3万円で販売されていたギターということに
なります。もちろん値段によって仕様は変ります。

実はこのモーリスW−30は某ネットオークションで激安で手に
入れました。

他社製のハードケース付きでオークションの開始価格4000円
オークションが終わってみると入札件数1件・・・つまり自分だけ
だったので4000円で手に入れる事ができました。

送料に2000円ほど掛かりましたが・・・

値段もそうですが年数経過ということもありそれほど期待して
いなかったのですが、ギターが届いてビックリです。

メッチャ程度が良いからです。多少の細かいキズはありますが目立つ
外傷もなく、ネックの反りも許容範囲内で音も激鳴りでした。

こっれてもしかして前オーナーさんがギターを始めたいと思って買った
ものの途中で挫折してそのままハードケースに入れてお蔵入りになって
しまったという物ではないだろうか?と思うほどの程度のよさでした。

これは実に良い買い物をしたものだ・・・(激!満足)

まっ、十分にキレイで程度が良いのでこのままでも使えるのですが
弦をマーチン弦に張替えて、サウンドホール内のホコリ除去と清掃
フレットを磨いてピカピカにしたあと指版をレモンオイルで洗浄及び
保湿をしてボディーを研磨剤入りのポリッシングで磨き艶出し剤で
ピカピカにしました。

2012022613510000.jpg

とても30年前のギターとは思えないキレイなギターになって
しまいました。この「モーリス持てばスーパースターも夢ではない!」
かも知れません・・・(笑)

尚、指板のメンテナンス、フレット磨き、ボディー研磨などの
お手入れのやり方についてはメンテナンス編をご覧下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。