ギターの弾き方上達のコツ

フォークギターをやりたい初心者のためのギターの弾き方やコードなどのやり方の基礎的講座

サイレントギターとは?

ギターの練習をしたいけど、住んでいる環境や練習の場所に
よっては出来ない場合もありますよね。

例えば木造のアパートなんかは隣人への騒音の問題にもなって
しまいます。

たとえ鉄筋コンクリートの住宅でも音が漏れるためになかなか
思い切った練習が出来ないという方も少なくはないと思います。

ギターの練習はしたいけどそんな、環境的な問題で出来ない方に
お勧めなのがサイレントギターです。

サイレントって名前からして静かそうですね(笑)

ところでサイレントギターとはどういったものかというと
見た目は骨組みだけのギターという感じです。

弦を弾いても小さな音しかしません。これは通常ギターというのは
ボディーが空洞になっていて共鳴することでサウンドホールから
大きな音が出るのですが、サイレントギターは共鳴するところが
ないため静かなのです。

しかしその音を内蔵されたアンプで増幅してイヤホンで聴くと
いうものです。

なので音は静かでも演奏者には普通に聴こえるといったものです。

まっ、簡単に言えばエレキギターの音をスピーカーで聞くのでは
なくイヤホンで聞くといった感じです。

サイレントギターはそれなりにメリットがあるのですがちょっと
以外に高価なのが欠点です。

これからもっと安価なものが出るかも知れませんけど・・・

ガットギター(クラシックギター)とは?

ギターと一言でいってもその種類は色々とあります。例えば電気を
使うエレキでもそうですが、今回はガットギターについてお話を
させて頂きます。

ガットギターとはクラシックギターともいいますが、一見アコース
ティックギターと同じ物に思えますが、実は全然違うものです。

実は僕がギターを始めた頃長続きするのかもどうかも分からないため
とりあえず安ければ何でも良いからと思い中古のギターを3000円
で買いました。

それがガットギターでした。安く買ったのはいいのですが
アコースティックギターつまりアコギがやりたかったので、間違えて
買ってしまったので結局は後で買い直す羽目になってしまいました(笑)

そのガットギターは今でも持っていてこれはこれで使い道があるため
たまに弾くことはありますけど・・・

では、アコギとガットギターはどう違うのか?まずは弦が違います。

アコギはスチール製つまり金属製ですが、ガットの場合はナイロンの
弦です。

そのため「ポロ〜ン」といった柔らかい音が出るのが特徴です。

見た目の大きな違いは弦を調整するペグの位置が違います。

2012022315580000.jpg

アコギの場合は横にペグが付いていますがガットギターの場合は
画像のように後ろ向きについていますのですぐに分かります。

ちなみにこの画像のものが間違えて買ってしまった今でもある思い出の
ガットギターです(笑)

アンプ内蔵型エレキギター ぞうさん

エレキギターといえば、ギターがあって音を増幅するアンプがあって
そしてそれらを繋ぐケーブルが必要ですよね。

それらを一体化して、つまりアンプやスピーカーをエレキギターの
中に内蔵したエレキギターが通称「ぞうさん」と呼ばれるものです。

見た感じ確かにぞうさんのように見えますね。

電源は電池なのでゴードレスなのも嬉しいです。電源のない野外でも
どこでも演奏することが可能なのですから。

価格は3万円ぐらいからあります。普段はアコギが中心だけど
たまにはエレキも・・・といった遊び心の時には良いかも知れません。

定番モデル マーチンD−28

ギターのメーカーというのはたくさんありますけどアコギといえば
(アコースティックギターの略)その頂点に立つのはたぶんマーチン
だと思います。

いつかはマーチンとアコギをやっている方は大体の方が口をそろえて
いいます。実際に有名アーティストの方たちもマーチンを使用して
いる方もたくさんいるようです。

では、マーチンといってもたくさんの型が出ていますよね。
それこそピンからキリといった感じです。

言い換えればトヨタの車といってもカローラからレクサスまで
あるようにホントたくさんあります。

なので、もしもマーチンギターを買うとしたら何が良いのか?
迷ってしまいますよね。

まっ、予算の関係もありますけど・・・

もしも憧れのマーチンギターを買うとしたら僕なら
「マーチンD−28」ですね。

理由は、有名アーティストの方が多く愛用しているからです。
このD−28はマーチンの中でも定番モデルのようです。

悪までも僕が調べた情報ですのでご了承いただきたいのですが(笑)

でも、あのギターで有名な女性シンガーソングライターのあの人
も愛用しているので憧れる機種だと思います。

ただ、値段が30万円ぐらいするのが・・・問題ですけどね(笑)

まっ、それなりの品質そしてなかなか手に入れる事ができない。
だからこそ憧れるのかも知れませんね。

ギターのメーカーと選び方

ギターを始めるとなるとギターを購入しなくてはいけませんが
今回はギターのメーカー選びでお悩みの方のためにどのような
メーカーがあるのかをご紹介します。

まずはギターのメーカーで、特に有名なものとしては、マーティンや
ギブソン、フェンダー、日本ではヤマハなどがあります。

もちろんマーチンとかこれだけのギターメーカーだけではなくギター
というのは年齢や性別そしてアマ、プロ問わずに愛好されている
楽器なので当然ですがギターのメーカーも全世界に実に数多くあります。

そもそもギターと一言でいっても、ギターにはいろいろな種類があり、
その用途や音色もかなりちがいます。

しかもメーカーによっては得意としている分野があり製造している
ギターに若干偏りがあることもあります。たとえばマーティンだったら
アコギが中心ですしギブソンはフォークギターとエレキギターが
得意でフェンダーはエレキギターが得意といった感じです。

これらの有名なギターメーカー以外にもご紹介をしましょう。
まずは日本のヤマハです。これは有名なのでご存知かも
知れませんね。それからモーリスです。

そうそう昔「モーリス持てば君もスーパースター」なんていう
コマーシャルもあったっけ・・・かなり古いけど(笑)

その他にはリッケンバッカー、イーエスピー、ポール・リード・スミス
オベーション、グレコ、グレッチ、星野楽器のアイバニーズそれから
ゴダンやフェルナンデスなどです。

これらのご紹介した有名なギターメーカーは、たくさんの有名な
アーティストたちもも使用しています。

しかし、アコギをやる方が口をそろえて言うメーカーはマーチン
かなぁ?いつかはマーチンってよく聞きます。

まっ、アコギでは頂点にいるメーカーですからね。しかし値段が
高い!!30万は必要です。だから憧れるんですね・・・

エレキギターの種類

ギターといってもその種類はいろいろで、大きく分けると
アコースティックギターとエレキギター(エレクトリックギター)に
分類されます。

そして電気を使うエレキギターを一つとっても分類するとこのような
種類に分類されます。まずはエレキギターというのは普通このギター
を主にいうソリッドギターです。

最近人気があるのがアンプやスピーカーも一体となったぞうさん
でしょうか?動物の像のような形をしているためそう呼ばれています。

そしてエレクトリックアコースティックギターやセミソリッドギター、
フルアコースティックギター、スティールギター、シタールギター、
セミアコースティックギターなどです。

エレキギターの演奏するためのコードは、基本的には電気を使わない
アコースティックギターと同じです。

しかしエレキギターと呼ばれる種類のものは、ご存知だと思いますが
電気によってアンプで音を増幅して演奏する物です。

購入する際には、次のようなことに注意しなくてはいけません。
電源が取れないようなところや大きな音が出せないような場所で
は練習も出来ませんので、弾くための環境などをよく考えてから
購入する必要があります。

ギターの種類

今回はギターの種類についてお話をしましょう。ギターといっても
その種類は多く何を選んで良いのか?分からないかも知れません。
そのため基礎的知識としてギターの種類について知っていた方が
良いでしょう。

ギターは誕生してから長い歴史により進化しいろいろな種類のギター
が生まれました。

ギターの種類は大きく分類すると2つに分かれます。それは電気を
使わないアコースティックギターでこれは電気を使わないギターの
種類の総称です。

そして電気によりアンプで音を増幅したり変化させてスピーカーで
音を出すエレクトリックギターいわゆるエレキギターです。

ギターによって演奏される曲は、民族音楽やクラシック曲
ハードなロックやまで、いろいろです。

そこで使われるギターもいろいろですが、特にハードロックや
ポップスにおいてはエレキギターが多用されることがあります。

しかし、ギターの種類の使い分けはそれほど厳密ではなく、
エレキギターでクラシックを弾いている人もいますし、
アコースティックギターでロックというのも別に悪い
わけではありません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。