ギターの弾き方上達のコツ

フォークギターをやりたい初心者のためのギターの弾き方やコードなどのやり方の基礎的講座

ギターの仕組みについて

ギターの仕組みを簡単に言うと、指で弦を押さえて音程の調節を行う
ネックと呼ばれる部分。箱状になった音量の増幅のためのボディー
という具合にに分かれます。この2つの部分は、さらに細かい部分に
細分化されています。又アコギやエレキなどギターの種類によっても、
仕組みや外観は多少変わります。

ギターの弦

ギターというのはリュート属の弦楽器です。ギターの弾き方は指又は
三角形のピックと呼ばれる物で弦を弾くことによって音を出します。
ギターの弦は6弦が主流でしかしベースギターは4弦というのが主流です。
ギターの種類によって違い。弦の材質はアコースティックギターは
スチール弦でクラシック、ボサノバ、フラメンコなどの使われる
柔らかい音が特徴のガットギター(クラシックギター)には
ナイロン弦が使用されています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。