ギターの弾き方上達のコツ

フォークギターをやりたい初心者のためのギターの弾き方やコードなどのやり方の基礎的講座

ガットギター(クラシックギター)とは?

ギターと一言でいってもその種類は色々とあります。例えば電気を
使うエレキでもそうですが、今回はガットギターについてお話を
させて頂きます。

ガットギターとはクラシックギターともいいますが、一見アコース
ティックギターと同じ物に思えますが、実は全然違うものです。

実は僕がギターを始めた頃長続きするのかもどうかも分からないため
とりあえず安ければ何でも良いからと思い中古のギターを3000円
で買いました。

それがガットギターでした。安く買ったのはいいのですが
アコースティックギターつまりアコギがやりたかったので、間違えて
買ってしまったので結局は後で買い直す羽目になってしまいました(笑)

そのガットギターは今でも持っていてこれはこれで使い道があるため
たまに弾くことはありますけど・・・

では、アコギとガットギターはどう違うのか?まずは弦が違います。

アコギはスチール製つまり金属製ですが、ガットの場合はナイロンの
弦です。

そのため「ポロ〜ン」といった柔らかい音が出るのが特徴です。

見た目の大きな違いは弦を調整するペグの位置が違います。

2012022315580000.jpg

アコギの場合は横にペグが付いていますがガットギターの場合は
画像のように後ろ向きについていますのですぐに分かります。

ちなみにこの画像のものが間違えて買ってしまった今でもある思い出の
ガットギターです(笑)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。