ギターの弾き方上達のコツ

フォークギターをやりたい初心者のためのギターの弾き方やコードなどのやり方の基礎的講座

Fコードの押さえ方のコツ

ギターの難しいコードといえば一本の指で複数の弦を押さえる
バレーコードです。

このバレーコードの中でもよく使われるのがFコードです。

ギターを始めたもののこのFのコードを克服する事が出来ずに
挫折してせっかく始めたギターをやめてしまったという話も
しばしば聞きます。

実はFのコードはちょっとしたコツを掴めば押さえれるように
なると思います。今回はFコードの押さえ方のコツについて
お話をしましょう。

人差し指で1フレットの弦をセーハするのですが
(複数の弦を押さえることをセーハという)

実際には中指で3弦、薬指で4弦、小指で5弦を押さえますので
人差し指でシッカリ押さえるのは1弦、2弦、6弦のたった
3弦なのです。まっ、これが難しいのですが・・・(笑)

2011121916200000.jpg

しかも6弦は指先で押さえるために比較的に押さえやすいです。

なので問題は1と2弦をどうやって上手く押さえるかがFコード
の課題になると思います。

人によって指の大きさや長さなどの個人差があるのですが
僕のお勧めの押さえ方のコツとしては、指先の6弦を軸に
1弦と2弦を指の根元の深いところ、または浅いところ
指を少し寝かせて角度を調整したりして、一番綺麗に
音がなるところを見つけることです。

1弦ずつピッキングしてキレイに音が出ればOKです。
その見つけた良いフォームをシッカリ身に付けましょう。

さて、問題はコードチェンジした時にもそのキレイな音が出る
フォーム出来るのか?ということだと思います。

しかし、これはもう練習しかないと思います。

最初は上手く行かなくても日々練習をすれば、何でもそうですが
以外にコツを掴み上手く出来てしまうものです。

気が付いたら「あれ?出来るようになっている」ということは
よくあると思います。

「継続は力なり」という言葉があるように続けることが大切
だと思います。では、頑張ってください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。