ギターの弾き方上達のコツ

フォークギターをやりたい初心者のためのギターの弾き方やコードなどのやり方の基礎的講座

ギターチューニング方法のやり方

ギターというのは弦を弾くことで音を出すのですがその弦の
張り具合で音が変ってきます。

なので「ラ」の音なら「ラ」の音がでるように弦を調整して調律し
なくてはいけません。

これをチューニングといいます。ギターの弦は使用することで
伸びたりしますので常にギターを使う前にギターチューニング
を行わなくてはいけません。

ギターチューニング方法のやり方としましては昔から行われて
いる方法にこのような音叉(おんさ)を使う方法があります。

2011121116280000.jpg

またピッチパイプという笛を使ってギターチューニングを行う
方法もあります。

これらの音を聞いて弦を緩めたり、張ったりして調律します。

しかし、これらの方法は音を比べる耳が頼りですので初心者の
方には難しいかも知れません。

簡単なギターチューニング方法のやり方としましてはこのような
チューナーを使うと簡単で便利です。

2011121116220000.jpg

いろいろなタイプがありますがこれはクリップ式で弦を巻き取る
ペグ付近に挟み込んで振動により感知するものです。

各弦を弾いてデジタルの針が真ん中に来るように弦を緩めたり、
張ったりして調律します。

ちなみにこれはモーリス製(モリダイラ)で値段は1500円
ぐらいです。

まっ、こういった便利な物もありますので、これは特に必要と
いう訳ではありませんが、ギターに慣れるにしたがって音叉での
チューニングも出来るようにした方が良いかも知れませんね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。